忍者ブログ
一日一句、季節の移り変わりを感じていけたらと思います。 また詩の方もつれづれに…
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

電線のゆうらりふらここ春の鳥

春の雲ひなたの天丼はみ出して

高価なら愛が買えるかバレンタイン

句作りのひなた雲流れ山笑う

たらふくの狼眠い山笑う

溜まったものみんな吐き出し山笑う

PR
気の強い霙の川の美容室

特攻敗戦それからの亡父夏つばめ

深海の事務的言葉春浅し

深海魚に目は要らない春浅し


ツグミがいた

 

ツグミがいた

昨日の公園に

今朝は神社で

ツグミを見た

今は部屋の窓から

風に揺れる二月の電線に

 

ツグミのふらここゆらり

電線ゆらり

カーテンを

シャッと開くと

鳥の影が飛び立った

 

 

   ※ふらここ…ブランコのこと

現れたのは急ぐウサギではなく
ころころの冬の猫
風の日の雲のように
ふわふわと素早く太いシッポが揺れた

冬の猫窓から放浪チラと見る

ふゆのねこゆたんぽのじこしゅちょう

冬の猫ころころ横切る尾がお辞儀

電線のぶらんこに鳥春一番







心地よく疲労感あり秋の雨

泡立草向こうの海は線だった

トンネルは無口になりて秋の雨

風の音とトンネルを抜ける秋銀河

不器用に鉛筆削る手虫の声

予感あり静寂また虫の声
鉛筆が上手く削れず虫の声

予感ありて一瞬静寂虫の声

言葉より鳴いてみようか虫の声

秋の雨左手吊り革右手携帯

オリンピック消費税虫の声

生きたいと思うでもなく点滴に風も無いのに揺れる秋桜



風の音聞いて大樹の九月なり

カーテンに揺れる影あり秋の蝶


風吹けば味噌の熟成秋の山

山澄みて新米研ぐ手あたたかい

足もとに擦り寄る猫よ新米研ぐ

気の強い母の退院山澄みて

コオロギの親玉どこか憎めない

猫の待つ家に退院秋の雲(山澄みて)

独り居の逝きて更地に秋麗

朝の露くたびれた私さようなら

炎昼や大股に歩くバレーリーナ

サンダルの足に蚊の跡赤いマネキュア

サンダルの指はマネキュア青虫のごと
秋めいて母の退院 窓を開きて

オシロイバナ8月生まれの母の骨折

病室の天井見つめ夜になる

水蜜桃従兄と母待つ手術中

老猫は寝てばかりいる秋めいて

転んだり骨折したり八月の月

八月の三日月母の退院の日

羊の数には興味が無かったけど
仰向けに目を閉じた私の上を
大きな雲が動いて行った
そんな気がした

ガソリンスタンドは壊して
珈琲屋ができた
一軒隣の家は
独り暮らしのお婆さんが亡くなり
親戚は家を壊して更地にした
お婆さんは私なんかより
やたら元気な人だった
いつか花火大会の時に鍵を落としたら探してくれたっけ

目をあけると
やはり大きな雲が私の真上を過ぎてゆく
わたしに影を投げかけて


草のびてパカリと花が大暑かな

草のびてセスナ旋回大暑かな
足音が柔らかく軋む早春

ちゃらんぽらんもいいじゃないか早春
流れ星いつも道に迷った顔よ

水底のアメンボの影踊る音符

夕陽蹴りぐんぐん伸びる飛行機雲

鶏ゆうゆうネコにエサを食われても

顔うずめ鶏の餌食う猫10月

細い骨皿に積む皮黒葡萄

散歩して貰っている吾秋高し



カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[01/09 ななご]
[01/02 ふんぢゃった]
[08/20 ななご]
[08/20 ななご]
[08/14 ふんぢゃった]
[08/14 ふんぢゃった]
[04/16 ななご]
[04/14 青喪服の歩行者]
[03/31 ななご]
[03/27 青喪服の歩行者]
プロフィール
HN:
ななご
性別:
女性
自己紹介:
ゆっくりと自分の俳句や詩と向き合って行きたい。
カウンター
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]