忍者ブログ
一日一句、季節の移り変わりを感じていけたらと思います。 また詩の方もつれづれに…
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

s.idai6.jpg

















   魔女カカさん


一.
帽子の好きな魔女カカさん
大きな夜空を一直線
三日月越えて、森の向こうへ
誰も知らない小さなお家

二.
料理の好きな魔女カカさん
きょうは病気の友達に
たまご焼を作っている
大きな大きなたまご焼

三.
コンコンドアをたたく音
のらねここねこ倒れこむ
おやおやこれはどうしたの
腹ペコで死にそうなんです

四.
料理の好きな魔女カカさん
のらねこ食べる夢中で食べる
大きな大きなたまご焼
庭で鶏鳴いている

  一.の繰り返し。





みみずくNo29(2007)
PR
hakutyouarakawa.jpg

















    五月の店

一、
桜たちは華やかな
ヒロインの翼を閉じた
満開の疲れを風にゆらせ
絵の具の匂いと
ほどいている

キラキラ揺れるこもれび
サワサワ薫る緑の風

二、
その時「お茶でも
どうですか」と声をかけられ
桜の精はほおっと溜め息をつき
少女の顔で訪れる
店がある

キラキラ揺れるこもれび
サワサワ薫る緑の風

三、
絵のかかる店で
桜の精はそっとお茶を飲む
小鳥がきてかすかに笑った
緑の薫りがして
カップだけが残る

キラキラ揺れるこもれび
サワサワ薫る緑の風


この詞に曲をつけてもらいアマチュアバンド「ひき」が唄います。
5月頃。これはまだ習作です。    
s.idai3.jpg


















   銀河に近い病室の駅


銀河の駅、眠れない夜に出逢う
夜中の時間をもてあましている
ナルミさんもわたしと同じ、眠れない
たまたま、わたしとナルミさんは同じ猫の柄のあるスリッパをはいている
「猫、好きなの?」 とナルミさん
「うん、猫、いたんだけど二十歳で死んだの
去年の夏のお祭りが終わった次の日の朝」
ナルミさんは鼻の下にチョビヒゲのある猫の自慢話をする
写真を見せてもらうと確かにチョビヒゲのような模様
かわいいけれど、おかしい

人は考えないで酸素を吸う
酸素をありがたいと思う人はいない
あってアタリマエだから
病人っていうのはアタリマエを失くしてしまった人
アタリマエの大切さを一番よく知っている人のことだろう
いつも酸素を必要とするナルミさんの日常
この地球でナルミさんの周りだけ酸素がうすい

一年後の夏、ナルミさんからのメールがとだえる
携帯電話は解約されている
ナルミさんは銀河の駅から汽車に乗ったのだ




少年詩集2007
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[01/09 ななご]
[01/02 ふんぢゃった]
[08/20 ななご]
[08/20 ななご]
[08/14 ふんぢゃった]
[08/14 ふんぢゃった]
[04/16 ななご]
[04/14 青喪服の歩行者]
[03/31 ななご]
[03/27 青喪服の歩行者]
プロフィール
HN:
ななご
性別:
女性
自己紹介:
ゆっくりと自分の俳句や詩と向き合って行きたい。
カウンター
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]